出っ歯になる原因!?

歯科医師の話では

ある歯科の医師に指しゃぶりと歯並びや出っ歯の関係があるか、影響はあるのか聞いてみました。出っ歯は、上の前歯が下の前歯に比較して突出している状態をさしているそうです。

医学上では上顎前突とか2級不正咬合という風に呼ばれているものです。原因としては、乳幼児期の指しゃぶりが長く続いた場合も影響があるとしています。

しかし出っ歯の要因としては、上顎の骨格の発達に比べて下顎の骨格の発達が衰えていたりする場合、下の前歯が十分発達しないまま大人になってしまうということもあると言われています。

歯並びは遺伝の可能性もある

歯列や歯の大きさなどは、お母さんのおなかの中にいた胎児の時に既に決まっているという話も聞いたことがあります。顎の骨格も顔の骨格も既に両親の遺伝子を受け継いで、胎児の時には決まっているらしいのです。

出っ歯以外でも、虫歯になり易い、なりにくいということまで遺伝するという話もあります。出っ歯ではなくても、八重歯が同じなどということもあります。身体的な骨格が似てしまうように出っ歯を始めとして歯並びも似てしまうということです。

出っ歯に関しては、歯科医師は小児のうちに矯正で治療した方がよいと言っています。前歯が出ているということで、高校生などのスポーツで前歯を降りケガをし易いという点からです。

それ以外にも、良おくないことがあります。口を開けたままになることが多くなります。ご飯を食べるときには、音を立てて食べやすくなったり、口の中が乾燥しやすく菌に感染しやすくなったりしてしまいます。出っ歯になるとあまり良い事はないので、できることなら治療をする方が良いといえます。